Home > 青年部の活動日記 >

夢  [和田厨房道具]

普段、誰かのブログをチェックするということはしないのだが、最近気になって仕方がないサイトがある。youtube、twitter、blog、Ustreamを最大限活用し山登りの情報を発信しているサイトで最初はTVの特集で彼の存在を知り、単純に興味があり彼の著書を一気に読み、ブログを見るようになった。そのサイトは栗城史多http://kurikiyama.jp/ である。エベレスト・アンナプルナでの三連続の登頂失敗、この悔しさ想像するにあまりあるのだが、また登り続けるだろう。なぜなら彼には夢があるから、著書のなかで「夢を語る大人が増えれば、日本は変わっていくと思う」と書いている、周りに流されずゴール(目標)に進んでいくことの大切さを感じる。

夢の種類は違うのだが、どうしようもないくらい夢をみさしてくれないものがある。現在の日本代表(サッカー)である。本大会で勝利するかどうかわからないが、これだけはいえる岡田監督よりベターな監督のチョイスはあったと。一勝したとしても、岡田監督じゃなければ二勝できるというだろう。それでもおらが町のチームである、晩年の南海ホークスのように弱くても応援はするだろう。ただあまりにも希望がもてない・・・

  • [投稿日:2010-06-07 (月) 18:41]

コメント:1

岡野 誠司 10-06-09 (水) 8:48

いいこと書いてる。
みんな夢をもとう、大人が夢を持てば日本は元気になる。

岡田監督の支持率は、●%?

なにかがおかしい日本代表。

青年部の夢は、道具屋筋を元気にする。

まずは、地域に愛されるゆるきゃら作り。

お名前・メールアドレスの入力を記憶する

Home > 青年部の活動日記 >

ログインしていません



累計:084,255
昨日:000,008
今日:000,002

Return to page top